タイトリスト TS2 ドライバー 試打 | 飛ぶドライバー試打レポ

まずは、下半身動きまくりの見苦しいスイングで申し訳ありません。お許しください。

純正シャフトTitleist Speeder 519 EVOLUTION(SR)、ロフト角10.5度を打ちました。

タイトリストTS2ドライバーを打ってみた感想としては、優しくなったと言いながらも、地味に手強いです。うちのブログではヘッドスピード40m/s以下でも飛ぶドライバーを紹介していますが、タイトリストTS2ドライバーは、ある程度のヘッドスピードが必要です。まずは、ボールが上がり難いです。重心深度が深いからなのかインパクトでヘッドが倒れやすい(開きやすい)感じがします。

純正シャフトが先中調子となっており、ダウンからインパクトにかけて素早く撓り戻る運動をしてくれるので、シャフト運動でボールを捉まる感じです。

ボールスピードは確かに速いですが、フェース面でボールを滑らせずに、捉まえられる人こそが、ボールスピードアップの恩恵が受けられる感じがしました。優しくなったといえどもアスリート向けドライバーには違いありません。

タイトリストTS2ドライバー詳細紹介
https://golf-member.jp/titleist-ts2-driver.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)