裏面ダウンのためのG1のトップスイング

ゴールドワン ゴルフスクール
https://www.goldonegolfschool.com/

http://blog.goldonegolfschool.com/

正直トップスイングというのは、あまり気にしたことがない。クラブの遠心力に任せて、フワッと勝手に上がっちゃうからだ。

でもここにきて、G1ファンの皆さんに黄色信号!あまりにもシャットフェースであげる人が多いからだ。実はトップでフェースが上を向いて出前持ちスタイルにすると、G1で推奨する裏面ダウンで下ろすことができないんです。

動画でも言ってるけど、バックスイングで体を捻転するには、両肘と両腰が向き合い、右肩と一緒に後方に回さないと捻じれないんです。それを、テークバックでフェースがボールを向きながら飛球線に沿って真っ直ぐ上げたら、この回転ベクトルとマッチしないし、なぞっているだけになるんです。このように右手が上になって上がると、トップの収まりが悪いし、力みも出て、スイング自体の勢いを逸してしまいます。

クラブを左腰に当てるバックスイングドリル(イメージシャフト推奨)を練習してください!前述した両肘・両腰・右肩の三点を同調させながら後方に引き、クラブのトゥが上を向いてお尻のライン後方にさしかかるタイミングで右肩上方に上がっていく。この時、右手がグリップの下にある感覚で上がっていき、トップでは右手甲側が立って左手親指の腹でグリップを下から支える形がベストです!

動画ではトップで左親指の腹で下からしっかり支えていますが、実際のトップスイングの感覚は右耳横あたりで十分です。シャフトが立っているところから裏面に切り返すとタイミングよく打てますが、視界から消えるほどオーバースイングだとキャスティングになりやすいので注意が必要です!

G1のスイングはスイング中、「右手が下」の感覚が理解できるようになると、上達が早いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)