ゴルフ初心者必見!ソフトグリップをイメージしやすい角材ドリル

ゴールドワン ゴルフスクール
https://www.goldonegolfschool.com/

http://blog.goldonegolfschool.com/

はじめに言っておきます!今月はこの後、ダウンスイング時のタメに関する動画が目白押しです。その際にこのソフトグリップをきちんと理解しておかないと、動画の通りに上手く動かすことできません!ですから、2週に渡るこのグリップの学習をしっかり学んでいた頂きたいと思います。

クラブの性能を100%生かすには、能動的に手でボールを打ち付けるのではなく、手と腕は背骨を軸とした回転運動によるクラブヘッドの遠心力に引っ張られてヒットしたほうが何倍もパワーが勝る。手に力を入れず、出来るだけ緩やかに握り、摩擦ですっぽ抜けそうなぐらいです。手首にはまるで潤滑油でスムーズになったボールベアリングが装着されているみたいにクラブの動く方向に合わせてシャリシャリ動く、自由性の効くソフトグリップが一番です!

これにでんでん太鼓のようなしなりが体全体に加わり、肩と腰の捻転差が効いたまま、背中越しにハンマーを投げる感覚で軸回転できると、円軌道の外側に飛び出そうとする遠心力が感じられます。

その遠心力と同等の向心力(求心力)でクラブを体軸に引きつけて小さく回転できた時(ボディーターンの慣性モーメント)に角速度が上がり、回転しやすくなります。

ゴルフはグリップに始まりグリップに終わるという格言があるぐらい、奥深いものがあります。ミスショットは間違った体の動きの前にガチガチのグリップにあるものです。ぜひ参考にしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)